浦和レッズを戦術的に分析するコンテンツを発信中。
サポーターの間での戦術的な議論を活性化し、その理解を持ってクラブと向きあう文化を醸成すること、そのきっかけとなるコンテンツを目標にしています。

浦和に関連する・しないどちらでもリクエストや質問をどうぞ!


Twitter
https://twitter.com/maybe_km

note
https://note.com/maybe_km

戦術分析を書く人は多いですが意識する人はいますか?

2021/03/06 21:52

良い文章や分析を読んで参考にするという意味ではやはり同じ浦和レビュアーの96さんですね〜。
書く内容については自分の色を出せるようにしたいので、逆に意識したり、無意識に似たりしないように他の方のレビューを読むのは自分のを書き上げてからにしてます。

ギフトサポートする

KM / @maybe_km

コメント

継続サポートするとコメントを閲覧、投稿することができます。

その他の投稿
ここまで流れからの得点が少ないですが、リカルド的には「ゲームをコントロールをすること」を主眼に置いてて、崩しの部分はあまり力を入れてないのかなと思うのですが、どう思われます?
杉本→ユンカー
岩波→トーマスデン
こうなりそうですね
清水戦終盤。
全体の運動量が落ちたことで押し上げができてなかった時間であること、併せてミスが増えた事によりボールを持つ時間が短くなり、ポゼッションとポジションの回復ができる時間の確保が難しくなってたこととおっしゃいましたが、これを出来るだけ改善するには何が必要だと思いますか
僕の主観ですが興梠、杉本という選手が交代で入ってプレスが緩くパスコースを切らなくて悪い流れになってたと思うんですけどサボってるって事なんですか?
2年前のルヴァン杯第一戦対鹿島、前半を0−3で折り返し、時の監督が『「ホームで浦和レッズのユニフォームを着てそれはねえだろ」(中略)約束事だとかチームで取り組んできたことを単純な心の揺らぎでできなくなってしまうようなところが表れた』

これを思い出しました。難しいですね。